ABOUT

無視され、罵倒され、それでも立ち続ける。人は彼らを泡沫(ほうまつ)候補と呼ぶ。 2011年霜月。橋本徹が仕掛けた40年ぶりの大阪府知事・市長選挙。大阪は維新か?反維新か?まっ二つに意見が割れ、沸いていた。結果次第では大阪の、いや日本の行く末が決まるかもしれない。 そこに現れた場違いな4人の泡沫候補たち。スマイル党総裁「マック赤坂」、二度目の府知事選「高橋先生」、7歳の娘をもつ61歳の「中村パパ」、初選挙の「岸田さん」。金持ちの道楽?税金対策?目立ちたがり?会社宣伝? なぜ、彼らは三百万の供託金を支払ってまでして、敗北必至の選挙に立候補するのか?伝説の政権候補「外山恒一」、泡沫の最高峰「羽柴秀吉」も外野参戦。 この映画は、歴史に残る事のない、存在を消し去られた敗者の記録である。